Webマーケティングのメリットと施策方法

Webマーケティングのメリットと施策方法

そもそも、マーケティングとは、販売活動行わなくても物が売れる仕組みをつくることです。

Webサイトで商品が自動的に売れる仕組みや施策を行うのが、Webマーケティングです。
インターネットが普及し情報化社会が加速したいま、Webマーケティングは激化する市場競争においても重要な企業戦力の一つと言えます。

この背景には、消費者が商品を購入するための判断ツールとして、または手軽なショッピングツールとしてWebに携わる機会が増えたためです。

今回は、そのWebマーケティングについて説明します。

    目次

  1. 1企業戦略
  2. 1.1インターネット社会とマーケティング
  3. 2Web戦略
  4. 2.1Webマーケティングのメリット
  5. 2.2施策と実施
  6. 3Webマーケティング実行後の効果測定
  7. 3.1アクセス解析
  8. 3.2ユーザーテスト
  9. 3.3コンバージョン分析
  10. 4まとめ

企業戦略

Webマーケティングは、売り込まなくても物が売れる状態になる仕組みを、Webを利用し自然につくりだします。

スマートフォンが普及し、SNSが盛んになり、購入はもちろんのこと商品の情報収集や検討などを、インターネトを利用した消費者がますます増えたため、Webマーケティングは企業戦略の重要な役割の一つとして欠かせない施策です。

インターネット社会とマーケティング

マーケティングにも様々な手法があります。
Webマーケティングはその手法のひとつです。

PCだけではなくスマートフォンなどの普及とともに、インターネットがより身近になったことで情報社会はより加速し、企業成果にも大きくかかわるようになりました。

そのため、情報の発信だけではなくより集客や顧客のニーズに応えられるようにし、他社との差別化を図る必要があります。

その一つにユーザーの満足度を高めるサイト作りも重要です。

サイトに訪問した際、ユーザーが求めている情報をいかにわかりやすく提供出来ているかも売上を左右するポイントです。

Web戦略

Webマーケティングの仕組みとはどのようなものなのでしょうか?

施策を計画し実施する方法、またWebマーケティングを行うメリットについて説明します。

Webマーケティングのメリット

Webマーケティングを行うメリットは、施策し実施することでユーザー情報を素早く把握し管理しやすいことです。

たとえば、ユーザーの興味を引いたページや見られた回数、滞在時間などすべてを数値で管理できます。また、改善点や効果などを早期に発見し対策しやすくなります。

ただし、実施をした後には必ず「効果測定」を行い、正しく問題を発見し対策することが重要です。

施策と実施

まず自社Webページのユーザー集客のための改善点などの施策を計画し実施します。

さらに、訪問ユーザーに再訪問を促すための接客にあたる、ランディングページ(LP)や商品ページを改善する施策を計画し実行します。

Webマーケティングの手法には、その目的によって様々な種類があります。

Webマーケティング実行後の効果測定

効果測定は、Webマーケティングには欠かせないものです。

効果測定をすることで、サイトの効果や改善点、課題などを早期に見つけることができます。

  • アクセス解析
  • ユーザーテスト
  • コンバージョン分析

上記以外でも知っておくことはありますが、まずは、この3点を抑えておくと良いでしょう。

アクセス解析

Webサイトへの訪問者数、ユーザーの滞在時間や直帰率、離脱率、ページビュー数などユーザーの行動やアクセス率などをアクセス解析ツールで分析していきます。

たとえば、ヒートマップという解析分析ツールは、サイトを訪問したユーザーからの人気のページや人気のないページなどを、色の濃淡で識別し表示します。

ユーザーテスト

これは、サイトの改善点などを知りたい場合に有効的な方法です。

ターゲットユーザーに、実際に検証したいWebサイトを利用してもらい、その閲覧履歴や行動から、サイトの改善点や問題点などを発見することを目的とします。

対象ユーザーの、直接的な反応や声を聞くことができるため、早急に問題点などを発見し対処しやすくなります。

コンバージョン分析

「成果」に注目した分析方法です。
コンバージョン(CV)とは、訪問ユーザーの目標達成の状態をいいます。

たとえば、ネットショップの場合では、多くはサイト訪問ユーザーの購入が目標となります。

売上などの成果を上げたいのであれば、コンバージョン分析は重要です。

コンバージョン分析は、トップページからCVページまでのユーザーの推移を分析します。

  • 詳細ページへ到達できず、CVに至っていないか?
  • 何故、詳細ページで離脱されてしまうのか?

この二つのことを意識することで、その効果を上げることができます。

仮に、ランディングページから詳細ページにたどり着く前に離脱している場合、詳細ページへの導線を見直す必要がありますし、詳細ページでの離脱はそもそユーザーのサイト訪問の目的が、例えばわからない言葉について調べたいだけという場合や入力フォームでつまずいている可能性があります。

CV分析で、このようなユーザーの行動からその問題点を様々な角度からから見つけ出し最適化を図ることで、より多くのCVの獲得を目指していきましょう。

まとめ

ユーザー情報を素早く把握し管理しやすいことがWebマーケティングのメリットですが、それぞれの施策を計画し実施する手法は目的によって様々です。

集客や再訪問を促すし、接客にあたるページなどの改善や効果測定で確認することを繰り返すことで、Webマーケティングの効果に期待が持てるようになります。

効果測定は改善点を素早くみつけることができ対処できると言ったメリットのあるツールのため、売上や集客にいまいち自信が持てない場合は今回の施策を行うことも有効な手段と言えます。

無料トライアル

最長 30 日間たっぷり使える、デモアカウントをご用意しております。
管理画面や機能など、使い心地をお試しください。
※登録アドレス数 100 件、配信数 100 通まで

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

資料請求・お問い合わせ

料金プランや運用のご相談まで、あなたの専属コンサルタントがサポートします

お問い合わせはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

ISMS や、プライバシーマークなどの第三者機関の認証をトリプル取得

詳しくはこちら