イベント・セミナー・展示会の情報発信・告知方法にメール配信を

2022年02月18日

イベント・セミナー・展示会の情報発信・告知方法にメール配信を

イベント関係で集客を行い、顧客に対してライブやコンサートのほか、展示会、発表会などの情報を円滑に提供したいと考えたことはありませんか?
さらに、事前予約、開催中や開催後のフォローなど、イベントの集客から終了までの作業をスムーズに行いたいと思ったことはありませんか?

当社が提供するメール配信システムのCombz Mail PLUS(コンビーズメールプラス)を使うと、上記の要望をかなえることができます。

メール配信システムであるコンビーズメールプラスを導入すると、事前に登録した顧客に対して、イベントに関する告知メールだけでなく、事前予約フォームの作成と案内、イベント開催前の事前メール、さらにはイベント開催後のアンケートなど、イベントに関する情報発信を行うことができます。

今回は『イベント・セミナー・展示会の情報発信・告知方法にメール配信を』と題して、告知方法などをご紹介します。

    目次

  1. 1イベント開催にむけてメール配信を活用しよう
  2. 1.1イベント情報を的確に案内
  3. 1.1.1全国規模のイベントなら一斉配信
  4. 1.1.2限定的なエリアのイベントならセグメント配信
  5. 1.2イベントの申し込み:メルマガ読者に申し込んでもらう
  6. 1.2.1メルマガの中にアンケートフォームを差し込む
  7. 1.3イベントの申し込み:メルマガ未登録の方に申し込んでもらう
  8. 1.4イベント申し込み完了後
  9. 2イベント開催当日~終了後のフォローも忘れずに
  10. 2.1イベント開催中
  11. 2.2イベント開催終了後
  12. 3コンビーズメールプラスについて
  13. 4まとめ

イベント開催にむけてメール配信を活用しよう

イベント開催にむけてメール配信を活用しよう

当社が提供するメール配信システムのコンビーズメールプラスを使うと、事前予約からイベント開催後のフォローまでワンストップで完結させることができます。

イベント情報を的確に案内

イベント情報をメルマガ読者にメール配信したい場合、大きく2つの方法が考えられます。

  • 大規模なイベントで全国からの申し込み
  • 地域イベントなら限定されたエリアからの申し込み

このように、申し込みのエリアに幅があるのではないでしょうか?コンビーズメールでは、規模に合わせてメール配信を行うことができます。

全国規模のイベントなら一斉配信

大規模イベントで住む地域関係なく配信する場合は一斉配信がオススメです。コンビーズメールプラスに登録した読者全員に対して一斉にイベントを告知します。

限定的なエリアのイベントならセグメント配信

地域に根付いたイベントなどの場合は、その地域の人に絞って配信しましょう。コンビーズメールプラスでは、セグメント配信機能が備わっているので、都道府県別に配信先グループを作ることで、セグメントごとにメールを配信することが可能です。

イベントの申し込み:メルマガ読者に申し込んでもらう

メール配信システムのコンビーズメールプラスを導入して、ある程度メルマガ読者がそろっている場合のメール配信方法を解説します。

メルマガの中にアンケートフォームを差し込む

アンケートフォームを自由に作ることができるオプション機能を使って、読者の方にイベント参加の可否や、イベント申し込みに必要な情報を送信してもらいましょう。あまりにもアンケート項目が多いと、申し込みをためらってしまうので、5項目ぐらいに抑えると良いでしょう。

アンケートのオプション機能に関しては、下記の記事にも紹介されているので、イベント申し込みに使いたい人もそうでない人も、参考にしてみてくださいね。

オプション活用事例

イベントの申し込み:メルマガ未登録の方に申し込んでもらう

コンビーズメールプラスのオプション機能である「アンケート」は、メルマガ読者に配信するメールの中にアンケートを差し込めるだけではありません。外部公開用のアンケートフォームは、アンケートの回答と同時に読者として登録されるように、読者登録フォームとアンケートがセットになっています。

このように、まだメルマガの読者ではない方に対して、イベント申し込みを促す用途は、下記のようなシーンで有効です。

  • 店頭でのイベント申し込み
  • ご来客の方へのイベント促進
  • チラシを使ったポスティングでのイベント情報の拡散

ご自身のビジネスモデルと照らし合わせて、有効活用してみてください。

イベント申し込み完了後

コンビーズメールプラスのオプション機能である「ステップメール」を使うと、イベントを申し込まれた方に対して送信するさまざまなメールを自動化することができます。たとえば、下記のような用途はいかがでしょうか?

  • イベント申し込み翌日にお申し込みのお礼メールを送る
  • イベント当日の数日前に事前の案内(リマインドメール)を送る

イベント申し込み後のフォローの良し悪しが、主催者に対する信頼を左右することもありますので、送信漏れのないように自動化するのも一つの手段ですね。

イベント開催当日~終了後のフォローも忘れずに

イベント開催前の集客には、多くの方が力を注いでいますが、イベント開催当日や終了後のフォローも大切な工程のひとつです。ここでは、イベント開催中と開催後に分けて、利用シーンを考えてみます。

イベント開催中

イベント開催中は、メール配信の必要性を感じない方も多いかもしれません。しかしながら、イベント開催中にはさまざまな情報を伝えたいことも発生します。例えば、下記のような用途で使ってみるのはいかがでしょうか。

  • イベント会場内の落し物のお知らせ
  • イベント主催者からのメッセージ
  • イベントで用いるキーワードなどの配信
  • イベント会場内での迷子などのおしらせ

イベント開催中のさまざまな情報発信に、メール配信を有効活用することができます。

イベント開催終了後

イベントの開催後も、アフターフォローとしてメール配信を活用することができます。アフターフォローがしっかりしていると、また次回もイベントを開催するときに、参加者が安心して申し込むことができます。たとえば、下記のようなシーンで使ってみてはいかがでしょうか?

  • イベントの来場者数やお礼メール
  • 次回のイベント開催日の案内
  • イベント開催中にお知らせできなかった落し物の案内
  • イベント中に発生したクラスターに対しての案内

イベント開催後も、参加してくださった方へのアフターフォローを忘れずに行いましょう。

コンビーズメールプラスについて

コンビーズメールプラスについて

当社が提供するメール配信システム「コンビーズメールプラス」について、簡単に解説します。

メール配信システムであるコンビーズメールプラスとは、メルマガ登録した読者(自社の顧客)に対して自社の商品やサービスなどを配信し、購入してもらうためのきっかけを作ったり、コラムのような読み物の配信により顧客が離れていかないようにするためのコミュニケーションツールです。

当社のメール配信システムは、独自開発した経路探索型アルゴリズムにより、1時間あたり100万通のメールを高速かつ確実に配信できます。

メール配信システムのメリット、デメリットについては下記リンクをご覧ください。

メール配信システムのメリット、デメリットとは?

価格も業界最安値帯で非常に導入しやすいので、ぜひ価格もチェックしてみてください。他社のメール配信システムを使っている方がお乗り換えいただける場合には、キャンペーンも適用できることがあります。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。イベント開催には、イベントの準備から申し込み、開催中や開催後のフォローまで、多岐にわたる業務が発生します。メール配信システムを使うことで、情報発信の負担を軽減し他の業務に時間を割けるようにしてみてはいかがでしょうか。

特に、ステップメールは一度設定してしまえば時短になりますので、大変おすすめです。

以上、『イベント・セミナー・展示会の情報発信・告知方法にメール配信を』でした。

無料トライアル

最長 30 日間たっぷり使える、デモ
アカウントを
ご用意しております。

クレカ登録不要。デモ期間終了後は、有料版への自動移行はございません。
お申し込み後、ログインIDを記載したメールが自動で届きます。

※登録アドレス数 100 件、配信数 100 通まで

ご入力いただいたアドレスに、サービスのご案内メールをお送りする場合があります。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています 「プライバシーポリシー」と「利用規約」が適用されます。

資料請求・お問い合わせ

料金プランや運用のご相談まで、あなたの専属コンサルタントがサポートします

お問い合わせはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

お客様が安心してご利用いただけるようセキュリティ対策もバッチリ。第三者認証であるISMS(ISO27001)を取得済み。

詳しくはこちら

コンビーズメールプラスとは