保険の営業活動に最適なメルマガ運用方法とは?メール配信の効率化を実現

2022年06月21日

保険の営業活動に最適なメルマガ運用方法とは?メール配信の効率化を実現

保険の営業活動では、実際に顧客訪問をするだけでなく、リードを獲得するための定期的なメルマガ配信も重要となります。しかし、保険の営業活動にメールマーケティングをどのように行えばよいか悩んでいる事業者も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、保険の営業活動に求められるメルマガ運用方法を解説します。日々のメルマガ運用を効率化するツールも紹介しているので、今後のマーケティングに活かしてみてください。

    目次

  1. 1保険の営業活動にメルマガ運用が必要な理由
  2. 1.1見込顧客や既存顧客との接点強化
  3. 1.2営業担当者の目線で情報を届けられる
  4. 1.3マーケティング施策の効率化につながる
  5. 2保険の営業活動に求められるメルマガ運用方法
  6. 2.1ターゲットを意識したメルマガの文章
  7. 2.2読者にアクションを促せるようなメルマガを配信する
  8. 2.3データを見ながらPDCAサイクルを回す
  9. 3保険の営業活動を効率化する「コンビーズメールプラス」とは
  10. 3.1営業担当者による独自情報の配信が可能
  11. 3.2マーケティング活動のコスト削減
  12. 3.3営業担当者の負担軽減につながる
  13. 4まとめ

保険の営業活動にメルマガ運用が必要な理由

さまざまな業界でメールマーケティング施策が求められているように、保険業界でもメルマガ運用は重要な施策です。では、どのような理由から、保険業界の営業活動でメルマガ運用が必要なのでしょうか。

見込顧客や既存顧客との接点強化

保険の営業活動でもメルマガ運用が必要とされる理由は、見込み顧客や既存顧客との接点を強化するためです。これまでの営業スタイルだと、各顧客とのメールのやり取りや、直接顧客先に訪問したときしか接点を持つことができませんでした。

一方、メルマガを運用することで、一度に不特定多数の顧客と接点を持てるようになります。潜在性の高い見込み顧客にもアプローチを続け、営業活動を有利に進めやすくなるのがメリットです。

営業担当者の目線で情報を届けられる

一般的に、営業担当者とメルマガを配信する部署は分けられており、保険の営業担当者が直接顧客に対して、メルマガを配信することは多くありません。しかし、営業担当者自身がメルマガを運用することは、将来的な顧客獲得に向けて重要な戦略となる可能性があります。

というのも、営業担当者の目線でメルマガを配信をすれば、顧客のニーズにマッチした保険商品を提案したり、営業独自のセールストークをメルマガに反映したりしやすくなるためです。顧客にとっても有益な情報を得られるため、売上促進につながる期待が持てます。

マーケティング施策の効率化につながる

営業担当者が自身でメルマガを配信できるようになれば、マーケティング施策の効率化につながりやすくなります。メールマーケティングに特化した人材が枯渇している企業や、メールマーケティングのノウハウを十分に持っていない企業も少なくありません。

もちろん、営業担当者に負担がかかりますが、工夫次第ではメルマガ運用を効率的に進めることも可能です。人員配置や業務量、メルマガの定型文を準備するなどし、営業担当者が効率的にメルマガを運用する体制を整えるようにしましょう。

保険の営業活動に求められるメルマガ運用方法

保険の営業活動に求められるメルマガ運用方法

保険の営業活動でメルマガを運用する際には、どのような手法が求められるのでしょうか。効率的にメルマガ運用を活用するためにも、3つのポイントを押さえておきましょう。

ターゲットを意識したメルマガの文章

1つ目のポイントは、ターゲットを意識したメルマガの文章作成です。メルマガを配信するにあたって、個々の見込み顧客や既存顧客のニーズを満たせる情報を届けなければなりません。

具体的には、生命保険を検討している顧客に対して、火災保険や地震保険を勧めるメルマガを配信するのではなく、生命保険の種類や概要を紹介する必要があります。また、営業担当者の負担を軽減するためにも、各ニーズに合わせて定型文を事前に用意することも大切です。

読者にアクションを促せるようなメルマガを配信する

メルマガ運用における明確な効果を得るためにも、読者がアクションを起こしたくなるような内容を配信します。ターゲットを明確にし、顧客が何を求めているのかをリスト化しましょう。

また、CTAボタンをメルマガ内に設置し、顧客がアクションに動くきっかけを作ることも重要です。保険に申し込んでもらうのか、個別相談の予約をしてもらうのかといった目的を定めることで、効果的なメルマガを作成しやすくなります。

データを見ながらPDCAサイクルを回す

メルマガを配信して終わりにするのではなく、データを分析しながら、PDCAサイクルを回します。たとえば、開封率が伸びない場合、メールボックスのなかで埋もれてしまっている可能性があります。

そこで、思わずメルマガを開きたくなるようなタイトルを付けたり、顧客がメルマガを開きやすい時間帯に配信したりするなどの工夫が必要です。原因を見つけ出し、次に活かせるような行動を続けるようにしましょう。

メルマガは効果測定が重要!分析方法とKPI(指標)の理解で成果アップ

保険の営業活動を効率化する「コンビーズメールプラス」とは

コンビーズメールプラス

保険の営業活動において、メルマガ運用を効率化するためには、「コンビーズメールプラス」がおすすめで、サブアカウント管理機能を付けるのが便利です。メールマーケティングを効率的に運用し、最大限の効果を期待できます。

営業担当者による独自情報の配信が可能

コンビーズメールプラスのサブアカウント機能は、営業担当者による独自情報の配信が可能です。一般的なメルマガ配信ツールと異なり、コンビーズメールプラスのサブアカウント管理機能は、1契約で管理者用アカウントと、営業担当者用アカウントをまとめて作成できます。

管理者アカウントとは別に、営業担当者側でメルマガを運用し、それぞれの顧客に最適な情報を届けられます。承認機能を用いれば、管理者側で営業担当者が配信するメルマガの内容をチェックしたり、承認制にしたりすることも可能なので、誤った情報の配信を防げます。

マーケティング活動のコスト削減

コンビーズメールプラスのサブアカウント機能を活用することで、マーケティング活動全体のコスト削減にもつながります。これまで保険の営業活動に使用していた紙媒体や企画書の作成が不要となり、紙代を節約できます。営業部署での運用が可能となるため、メルマガ運用者を採用するコストを削減します。

営業担当者の負担軽減につながる

営業担当者の負担を軽減させながら、メルマガを運用できます。従来の保険営業では、各顧客先に訪問していたため、多大な時間を要していました。

コンビーズメールプラスを活用すれば、簡単な保険の案内や、情報のアップデートであれば、メルマガを配信するだけで済ませられます。また、見込み顧客であるターゲットを優先順位付けし、効率的に営業を進められるのがメリットです。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

各業界でメルマガ配信を活用したマーケティングが取り入れられているなかで、保険の営業でもメルマガ配信を有効に活用できます。事前に保険の情報をメルマガで配信することで、営業担当者の負担軽減や、効率的な顧客獲得につなげられます。

コンビーズメールプラスを活用することで、営業担当者にメルマガ運用の権限を付与し、独自情報を顧客に届けられるようになります。マーケティング活動の促進やコストの削減を目的に、ぜひご活用ください。

以上、『保険の営業活動に最適なメルマガ運用方法とは?メール配信の効率化を実現』についてでした。

無料トライアル(30日間)

  • クレジットカードの情報入力は不要です。
  • 無料トライアル期間後、有料版への自動移行はございません。

STEP
01
無料トライアル申請

メールアドレスだけで無料トライアルを申請できます。

STEP
02
ログイン情報
受取

無料トライアル申請後メールアドレス宛にログイン情報が届きます。
※届かない場合は再申請、もしくはお問い合わせください。

STEP
03
無料トライアル開始

ログイン情報をもとにこちらからログインしてください。

ご入力いただいたアドレスに、サービスのご案内メールをお送りする場合があります。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています 「プライバシーポリシー」と「利用規約」が適用されます。

資料請求・お問い合わせ

料金プランや運用のご相談まで、あなたの専属コンサルタントがサポートします

お問い合わせはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

お客様が安心してご利用いただけるようセキュリティ対策もバッチリ。第三者認証であるISMS(ISO27001)を取得済み。

詳しくはこちら

コンビーズメールプラスとは