HTMLメールエディタのメリットと特徴

HTMLメールエディタを利用すると、専門知識がなくても文字を装飾したり、画像を簡単に挿入することができます。

さらにHTMLメールは視覚的な訴求力があり、テキストメールよりも読まれやすいと言われており、開封率の測定も可能なため、メールの改善活動がしやすいのも特徴です。

日本ビジネスメール協会が発表しているビジネスメール実態調査では、年々HTMLメールの利用者が増えてきています。

HTMLの知識がなかったことが理由で、これまで導入を迷っていた方へ、これを機に初めてみては如何でしょうか。

そこで、HTMLメールエディタの導入におけるメリットを紹介します。

HTMLメールエディタ

HTMLメールエディタを利用するメリット

メールにはテキストメールとHTMLメールの2種類が存在します。

HTMLメールはテキストメールと比べると、視覚的な訴求力があり、開封率・クリック率の測定が簡単にできます。

本来、HTMLメールを自力で作成するには専門知識が必要ですが、HTMLメールエディタを利用すれば簡単に作成できます。

では、具体的なメリットを紹介します。

テキストメールよりも読まれやすい

文章主体のテキストメールに比べて、HTMLメールは、下記のような操作が可能です。

  • 画像を挿入する
  • リンクを設定する
  • 文字を装飾する

など、メールに効果をつけることで、視覚的に訴求できるようになることが大きなメリットと言えます。

また、HTMLメールエディタを利用すると、下記のようなレイアウトも簡単に作成できます。

HTMLメールエディタ作成見本

もしHTMLメールエディタを利用せず、タグを手打ちすると…

HTMLタグ打ち

このように、HTMLコードを自身で書かなくてはなりません。

  • tableタグ:レイアウトを表にする
  • imgタグ:画像を表示させる
  • fontタグ:文字の装飾を指定する

このようにHTMLの知識がない人にとっては、難しい単語や記号が並んでいて、見ているだけで何が何だか分からず、断念しざるを得ません。

HTMLエディタを使用できる配信システムでは、このようなタグ打ちという作業がなく、感覚的にも視覚的にも簡単に使用できるため、知識のない人でも直感的に使うことができます。

HTMLメールエディタは専門知識がなくてもHTMLメールが作成できる

HTMLメールエディタを利用すると、上記のようなタグを入力する必要がなく、メールを作成することができます。

操作のイメージとしては、パワーポイントの編集に近いです。

まず、最初にテンプレートを選択します。

HTMLメールエディタのレイアウト選択

テンプレートを選択すると、編集画面に移りますので、ここでテキストや画像を挿入していきます。
不要なブロックは簡単に削除できます。

テンプレートを選択すると、編集画面に移りますので、ここでテキストや画像を挿入していきます。

HTMLメール文字色の変更

このようにHTMLタグを直接入力しなくてもHTMLメールが作成できます。

開封率・クリック率が簡単測定とメールの改善

メール配信後どれくらいのユーザーに読まれ、反応されたのかが簡単に分かります。

測定できるの主な機能は下記の通りです。

  • 開封率:メールを開いた人の割合
  • クリック率:メール本文中のリンクをクリックした人の割合
  • 解除率:メールの講読を解除された人の割合

また、このような上記のアクションについて、

  • いつアクションを起したのか
  • どこでアクションを起したのか
  • どの端末でアクションを起したのか

このようなことまで分かります。

例えば、15時と16時の2つのタイミングでメールを一斉配信したら、15時直後の開封率が良かった。

このような結果が得られたのなら、15時に配信する方が良いということが分かります。

このようにメールの改善活動が行いやすいのもメリットです。

また、開封率・クリック率・解除率はテキストメールでは測定することができません。
HTMLメールなら測定可能ですが、本来は測定するためのタグを入力しないといけません。

これも専門知識が必要なのですが、メール配信システムが提供しているHTMLメールエディタを利用すればリンクを設置するだけで測定してくれます。

企業間のやりとりもHTMLメールが増えている

一般社団法人日本ビジネスメール協会が発表している、ビジネスメール実態調査 によると、ビジネスでのメールは今でもテキストメールが主流ですが、段々とHTMLメールの利用者が増えています。

HTMLメールの増加

ひと昔前は、「ビジネスメールはテキストで送るのが当然」と言われ、画像や装飾を施したメールは適さないという風潮がありました。

しかし、現在は、メールの形式を気にしない人が増えてきており、HTMLメールも送りやすい環境が整っています。

スパム判定されないような●●が確立されてきた

昔は「企業間でのHTMLメールは、セキュリティ上良くないからテキストメールで送るべき」という風潮があった背景には、HTMLメールはウイルスを仕込むことが容易で、企業からは非常に警戒されました。

最近では、多くの人が迷惑メールの対策に関心を持つようになり、スパム業者の全盛期は過ぎ去りました。

その一方、スマホなどの一般的なメーラーがHTMLメール対応になったため、こちらが主流になりつつあります。

また、企業間でHTMLメールを送る場合であっても、ルールを守って配信すれば、スパム判定されにくくなりました。

具体的なルールとは次のようなものです。

  • 1.差出人名や署名を明記する
  • 2.件名を記載する
  • 3.画像を使いすぎない
  • 4.過剰すぎる文字装飾は控える
  • 5.信頼性の低いサイトへのURLを貼らない
  • 6.無効なアドレスに配信しない
  • 7.ダブルオプトインを活用する
  • 8.大量配信するときは分割する

主な対策方法はこのような感じです。

「怪しい内容と思われるメールは送らない」ことを常識的に意識することが大事です。

1~5に関しては担当者の注意力、6~8に関しては、メール配信システムを利用することで対策が可能です。

今でもHTMLメールの受信を拒否にしている企業は少なくはありません。

しかし、視覚的な訴求力が強く、開封率も測定できるHTMLメールに魅力を感じ、少しずつ利用する企業が増えてきているのも事実です。

PCよりもスマホでメールを見る人が多く視覚的な訴求力が重要

最近はPCよりも、スマホでメールを受信する人の方が多くなりました。
プライベートでは圧倒的であり、仕事中でもスマホの方が割合が大きいほどです。

スマホは外出中などのわずかな空き時間でもメールを確認できるため便利ですが、その分1通あたりに目を通す時間は短くなります。

このため、読んでもらえるかどうかはメールを開封した瞬間の見栄えが重要になります。

テキストメールに比べてHTMLメールの方が、視覚的な訴求力が強く、読んでもらいやすくなるため、重要な内容や多くの人に伝えたい場合は、HTMLメールを使用すると効果的です。

メルマガは企業以外にも様々な現場で活用されている

HTMLメールと言えば、ショッピング系サイトのメルマガを思いつく方が多いでしょう。

しかし最近は、企業間のやりとりでも利用され始めています。
さほど重要ではない会議であれば、わざわざ集まるよりも、一斉メール配信で済ませる方が時間の節約になります。

さらには、学校や学習塾などでも使われるようになりました。

学校や学習塾で使われるメール配信システムの活用方法については、以前の記事にも紹介していますので、そちらの記事を参照ください。

学校で使われるメール配信システムの活用理由の多くは、下記の内容がほとんどです。

  • 職員会議や生徒への緊急連絡網はメール配信の方が早い
  • HTMLメールを利用で開封率を把握し未開封の生徒や教員だけに催促が可能
  • 慢性的な教員不足や長時間残業が問題視の中で作業の効率化が期待

学習塾で使われるメール配信システムの活用理由の多くは、下記の内容がほとんどです。

  • 夜遅い塾の道中をメールにて、保護者へ知らせ安全につなげる
  • 授業時間以外での補足(豆知識や勉強方法)をHTMLメールの図解で配信

このような声が最近、教育現場から増えている事例です。

まとめ

今回はHTMLメールエディタのメリットと特徴について紹介しました。

HTMLメールのメリットをまとめると、下記になります。

  • 表現力に優れているため、読んでもらいやすい
  • 開封率・クリック率などの効果測定から、メール改善のヒントを得れる

HTMLメールエディタを利用することで、専門知識がなくてもHTMLメールを作成できますが、デメリットとして、HTMLに関する専門知識も必要です。

企業間でのやりとりは、今でもテキストメールの方が多く利用されており、テキストメールにもメリットはあり、手間が掛からず、HTMLメールよりもスパム判定されにくいなどの特徴があります。

しかしここ数年で、メールはPCよりもスマホで読まれる人が多くなりました。

そのためメールを開封して、一瞬で読み手の心をつかむためにはHTMLメールの方が効果的であると言われます。

HTMLメールエディタを使えば、HTMLの知識がなくても簡単に作成できるため、この機に一度試してみるのも良いでしょう。

無料トライアル

最長 30 日間たっぷり使える、デモアカウントをご用意しております。
管理画面や機能など、使い心地をお試しください。
※登録アドレス数 100 件、配信数 100 通まで

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

資料請求・お問い合わせ

料金プランや運用のご相談まで、あなたの専属コンサルタントがサポートします

お問い合わせはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

ISMS や、プライバシーマークなどの第三者機関の認証をトリプル取得

詳しくはこちら