本当にメルマガ配信の基礎を理解していますか?

本当にメルマガ配信の基礎を理解していますか?

メルマガを活用することで、集客や売り上げ向上に役立つことは分かっていても具体的にどのような効果や種類があるのかを全て把握している人は少ないのではないでしょうか?

特に、メルマガを配信する上で、個人情報などの情報の取り扱いに関しては、うやむやにしてしまっている場合もよく見受けられます。

個人情報などの情報を扱う際、間違った扱い方をしてしまうと、訴訟などの損害賠償に発展することもあります。

今回は、メルマガを始める前に理解しておくべき点やメルマガの配信種類などの基礎知識を主に紹介していきます。

    目次

  1. 1メルマガ配信も個人情報を扱う
  2. 1.1個人情報保護法に基づいた配信
  3. 1.1.1法律による制定
  4. 1.2メルマガ配信には同意が必要
  5. 1.2.1利用目的の明確化
  6. 2メールマガジンとステップメールの違い
  7. 2.1ステップメールの概要を知らないと効果が期待できない
  8. 2.2ユーザーのアクションを想像する
  9. 2.3ステップメールは凄い
  10. 2.3.1分析ツールの充実化
  11. 3メルマガを作成する前に知るべきこと
  12. 3.1ビジネスか販促で異なるメルマガの内容
  13. 3.2認知度をあげておく
  14. 3.3難しい漢字は使わない
  15. 4まとめ

メルマガ配信も個人情報を扱う

メルマガを定期購読する際に必ず、メールアドレスの登録やニックネームなどを入力しますが、このような情報も全てメールアドレスに個人情報が紐づいています。

「ニックネームで登録しているから大丈夫」と思っていたら、大間違いです。

勿論、メルマガを購読する人のセキュリティリテラシーも必要となりますが、それ以前にメルマガを配信する事業者がしっかりと個人情報保護方針に従った理解と適切な処置が求められます。

個人情報保護法に基づいた配信

個人情報保護方針が制定されたのは、2003年にさかのぼります。

当時は携帯が普及し、完全に個人ひとりひとりが、携帯を持つといった感覚が定着した時代でした。
そして、携帯以外でも、ITが完全に社会に普及していきます。

このような背景からか、この頃から、個人情報について注視されるようになりました。

法律による制定

このように激動の時代を迎えたIT社会は法律により、「個人情報保護法」が制定されます。

個人情報保護法とは、その名の通り、個人の情報を保護するためのものではありますが、本来の目的は、「個人情報の有用性に配慮し、個人の権利利益を保護する」ことにあります。

要は、個人と企業間での取引や利益などを双方の情報を守り、利用するといったことです。

そのため、このルールに遵守する必要があるのです。

メルマガ配信には同意が必要

法律による個人情報保護方針が制定されているため、企業や事業主は必ず、配信する人の同意が必要となります。

冒頭でも触れたように、メルマガを購読する際、メールアドレスの登録や同意画面を設定しているのは、そのためでもあります。

近年では、情報化社会に個人単位で浸透してきているため、メルマガ配信の同意を取らずにメルマガを配信する企業や事業主は滅多に見ることはありませんが、それでも、稀に相手の同意もなしにメルマガを配信している場合もあります。

例え、メルマガでなくても顧客から情報を預かる、イコール「メルマガ配信OK」として、間違った認識でメルマガを配信しているケースもあるようですが、勝手にメルマガ購読の許可を相手に取らずに配信することは違法です。

メルマガを配信する場合は、必ず、相手に同意を求める資料などの文面を用意し、いつでもメルマガを解除できるようにしておくことも必要です。

利用目的の明確化

資料請求やショップ案内などで、メールアドレスを入力して頂く際にこのメールアドレススをメルマガ配信に使用しても良いかどうかを本人に伝え、利用目的を明確にする必要があります。

また、メルマガ配信に利用する目的以外で個人情報を使用することは違法です。

メルマガの利用目的は、サイトに提示しておく必要があるため、メルマガ配信を利用し配信する前には必ず、サイトへの掲載ができているかも確認しておくことが必要です。

メールマガジンとステップメールの違い

メールマーケティングの手法でもある、ステップメールですが、名称くらいは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

ステップメールついては、以前の記事にも紹介していますが、今回は基本的なところや効果などについても紹介していきます。

また、ステップメール活用事例については、以前の記事にも紹介していますので、下記の記事も併せて参照ください。

ステップメールの概要を知らないと効果が期待できない

ステップメールはメールマーケティングでもよく利用される手法なのですが、概要をしっかりと理解しておかなければ、ステップメールを配信するだけでは、売上や集客につなげることはできません。

既にメルマガサービスでステップメールを利用されている場合で、「いまいち、売上が上がらない」と感じているのであれば、概要や基本を理解できていない可能性も否めません。
相手に対し親近感を持たせることができるためです。

このステップメールが普及しだしたのは、メルマガ配信が世の中に浸透してからの10年くらいです。

ステップメールの活用事例にも紹介していますが、ステップメールは通常のメルマガ配信とは違い、ユーザーが起こしたアクションをきっかけとし、あらかじめ用意しておいたメールを送信します。

ただ、このユーザーが起こしたアクションをきっかけにして、メールを配信するのですが、このきっかけの部分が間違っていると、いくらステップメールを配信しても効果は見込めず、最悪の場合、メルマガを解除されてしまうことにもなります。

ユーザーのアクションを想像する

ステップメールには、ユーザーのアクションが起点となるため、配信する側もユーザーがどのようなアクションを起こすのかを想定したストーリーと想像力が求められます。

このストーリーをシナリオとも呼びますが、シナリオを上手く組み立てることで、意図した方向にユーザーがアクションを起こし、結果的に売上の向上や集客につながります。

例えば、過去にアクションがあったユーザーに対し、販売促進をプッシュし、始めに最終目的地を決め、そこに至るまでのプロセスをしっかりと考えてアプローチします。

メルマガ配信と違うのは、こういった点で、メルマガ配信は配信したメールに対して、「宜しければどうぞ」といった感じですが、ステップメールは、過去のアクションから、ユーザーの興味を引き出すように類似商品を紹介したり、チェックしていた商品がセールになったタイミングで、ユーザーに送信したりもできます。

分析 → イメージング → バナーをクリック → 購入に至る

ステップメールは凄い

メルマガ配信の場合、メールを送信したら、そのままになってしまうことが多い傾向にあります。

何故、そのままになってしまうかというと、ユーザー個人に対し、一人ひとりの趣味や趣向を理解し、適切な内容のメルマガを配信することなど、到底できないからです。

これは、業界や業種に限らず、皆さん同じです。

ですが、一方では、ステップメールによって、着実に効果を上げているECサイトをはじめとする数々のサイトが多数あることも事実です。

では、何故、その差が生まれるのかです。

分析ツールの充実化

着実に効果を上げているサイトには、いくつかの共通点がありますが、基本的にはしっかりと分析ツールを使いこなしている点が挙げられます。

今のメルマガ配信サービスには、どこのサービスも分析機能が付いています。

オプション契約としているサービスもありますが、メルマガの効果を更に向上させるには、分析機能を活用することが前提条件と言えます。

例えば、シーンによっても効果は変わります。

誕生日を起点とし、さかのぼって、ステップメールを配信する場合、「自分へのご褒美」といって、少し高めの商品の購入を考えている人もいることでしょう。

このような場合には、アクションのきっかけとなった、商品バナーやテキストリンクから、その人がどのような商品に興味があるのかを垣間見ることができます。

その些細な情報と分析結果から、その人に合った商品を選定し、誕生日のステップメールでワンランク上の価格帯の商品を紹介しても良いかもしれません。

こういった、分析結果と想像力を働かせることにより、頭の中でも自然とシナリオが完成し、配信を行うことで、購入へとつながります。

メルマガを作成する前に知るべきこと

実際にメルマガを作成する時に知っておくべきことを以下の3つに絞って簡単に紹介します。

  • ビジネスか販促で異なるメルマガの内容
  • 認知度をあげておく
  • 難しい漢字は使わない

上記以外でも知っておくことはありますが、まずは、この3点を抑えておくと良いでしょう。

ビジネスか販促で異なるメルマガの内容

当然の話ですが、ビジネスと販促などの集客ではメルマガの文面は異なります。

特にビジネスの場合、専門用語が文章に出てくることもあるでしょう。

ビジネスの場合であれば、明確な内容が求められますし、スマートな文章が好まれます。

また、ビジネス用のメルマガは業種にもよりますが、必ずしも、HTMLメールと言った、画像を添付できるようなメルマガを送信する必要もありません。

一方で、販促でメルマガを活用する場合、視覚的にわかりやすくメルマガを作成することが必要です。

できるだけ、文字の大小や強弱などで、「何を伝えたいのか」を明確にすることが、ポイントです。

文章に慣れていない人がメルマガを作成する場合、他のサイトのメルマガを参考に、まずは、真似することから、始めてみても良いでしょう。

認知度をあげておく

誰しも、メルマガで集客を狙いたいことでしょう。

ただ、メルマガである一定の効果を期待するには、認知度を上げておく必要があります。

認知度を上げるには、メルマガだけではなく、SNSやサイトの作り込みも必要です。

事前準備を何もせずに、メルマガだけで集客を上げようと思っても武器を持たない特攻隊と同じです。

あくまでもメルマガは、集客を促すツールに過ぎません。

メルマガを利用する前にどのくらい認知されいているのかを把握しておくことも必要と言えます。

難しい漢字は使わない

最近、漢字が読めない人が増えていると言われています。

その背景には、パソコンやスマホの普及から、漢字変換が自動で行われるため、実際に難しい漢字でも癖で漢字変換をしてしまうとそのまま送信してしまいます。

メルマガを配信する前になるべく、小中学生でも読めるような漢字を使用し、文章もわかりやすく書くことが大切です。

文章をわかりやすく書くのは、書き手のスキルに委ねられるため、文章を得意とする人に一度、確認してもらうのも良いでしょう。

まとめ

今回はメルマガの基礎について、紹介しました。

実際にメルマガを始める前に知っておくべき点などを抑えた上で、活用することで、メルマガ配信後のトラブルを未然に防ぐことも可能です。

効果的にメルマガを活用するには、今回の内容を知っておくこともポイントです。

無料トライアル

最長 30 日間たっぷり使える、デモアカウントをご用意しております。
管理画面や機能など、使い心地をお試しください。
※登録アドレス数 100 件、配信数 100 通まで

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

資料請求・お問い合わせ

料金プランや運用のご相談まで、あなたの専属コンサルタントがサポートします

お問い合わせはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

ISMS や、プライバシーマークなどの第三者機関の認証をトリプル取得

詳しくはこちら