【今さらきけない】オプトインとは

メール配信を行ううえで、必ず守っていただきたいオプトインですが、なぜ守らなければいけないのかご存じでしょうか。
オプトインという言葉自体は聞いたことがあるものの、実はその意味についてはあまり知らないという方も多いようです。

もし、あなたがオプトインを行っていなかった場合、迷惑メール防止法により罰せられる可能性があります。

そうならないように、今回は具体的にどのようにしたら良いのか、解説したいと思います。
まずは、オプトイン・オプトアウトについておさらいしましょう。

【今さらきけない】オプトインとは

オプトイン・オプトアウト

オプトイン・オプトアウトは、英語でそれぞれ opt in、opt out が語源です。 opt の意味は、選ぶ、選択する、決める などです。

オプトインとは

オプトインは単なる参加ではなく、意思のともなう参加、言い換えれば “同意” を意味しています。

そのため、メールマーケティングにおいては、オプトインはメールの受信許可の意味で使われます。
メールを受け取る意思を示していないにもかかわらず一方的にメールを送るのではなく、ユーザーから「メールを送ってもいいですよ」という許可を得ることが、オプトインです。

オプトアウトとは

「メール配信を停止してほしい」と連絡があったユーザーに対し、メール配信を停止・解除を行うことを指します。

ユーザーがオプトアウトをスムーズに行うことができるよう、メール配信停止・解除方法や送信元の情報など、特定事項をメール本文に記載する義務があります。

ユーザーから解除通知を受けた場合は、以降のメール配信は原則行ってはいけません。

ちなみに、メール配信する前にユーザーの意思を確認することを「オプトイン方式」といいます。
反対に、メール配信をした後にユーザーの意思で受信拒否をしてもらうことをオプトアウト方式といいます。

なぜオプトインをしなければならないのか

以前はオプトインしていないユーザーに対して広告メールを送る際、件名に「未承諾広告※」と書けば違法とはなりませんでした。

しかし、2008 年に迷惑メール防止法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)が改正され、原則として広告・宣伝のメールは、受信許可を行ったユーザーにしか送ってはいけない決まりとなったのです。

オプトインによる受信許可を行っていないユーザーや、オプトアウトによって配信停止の意思表示があったユーザーにメールを送る行為は、けっしてしないで下さい。

具体的なオプトイン例

ECサイトの場合

商品注文フォームにメルマガ購読のチェックボックスを設ける

このとき、初めから「受信する」にチェックされている作りにする場合は、「全てのチェックを解除する」のボタンも設置しましょう。

BtoBの場合

お問合せフォームから各種問い合わせを行う際に、個人情報の取り扱い内容にメール配信の同意を含める

例:フォームに記入いただきました個人情報は、お問い合わせ・資料請求への対応のほか、当社が取り扱う各種商品・サービスなどの情報提供(電子メール、電話等による)に利用させていただきます。

名刺交換した相手にメルマガを配信することは違法?

名刺交換をした相手から、突然メルマガが送られてきた経験があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、名刺などの書面によりメールアドレスを通知した場合は、オプトインなどの同意がなくとも広告・宣伝メールを送付してよいと定められているのです。

とはいえ、名刺交換や上記の方法でオプトインを取得した場合、メールの文面に「このメールは、当社にお問合せいただいた方、名刺交換させていただいた方にもお送りさせていただいています。」などの一文を加えておくことをおすすめします。

BtoBの場合

お問合せフォームから各種問い合わせを行う際に、個人情報の取り扱い内容にメール配信の同意を含める

例:フォームに記入いただきました個人情報は、お問い合わせ・資料請求への対応のほか、当社が取り扱う各種商品・サービスなどの情報提供(電子メール、電話等による)に利用させていただきます。

具体的なオプトアウト例

メルマガの文末に、配信停止や購読解除のリンクを設けておくことが一般的です。
利用しているメール配信システムに配信停止機能がない場合は、「配信停止はこちら」などの案内を設け、メーラーが立ち上がるようにしておく方法もあります。

また、すぐに配信停止の手配ができない場合は、どのくらい時間を要するかを記載しておくと良いでしょう。

例:メール配信停止の手続きが完了するまで、2 ~ 3 日頂戴しています。
なお、配信停止の手続き後も、既に配信準備を行っているメールにつきましては、配信される場合があります。

まとめ

せっかくメルマガを読んでくれている人を失いたくない気持ちはよく分かります。
メルマガ配信者に悪意がなかったとしても、ユーザーにとって配信停止の手続きが分かりづらい場合、人によってはそのメルマガが迷惑メールという認識になってしまいます。

また、配信停止の意思表示があったのにも関わらず、メールを送信し続けることはスパムメールの送信元となってしまいます。

迷惑メール防止法(特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)に違反した場合、1 年以下の懲役または 100 万円以下の罰金(法人の場合 3000 万円以下の罰金)が課せられることがあります。

この機会に、きちんとオプトイン・オプトアウトの運用ができているか、かつ受信者にとって簡単に配信解除ができるようになっているか、いま一度見直してみてください。

無料トライアル

最長 30 日間たっぷり使える、デモアカウントをご用意しております。
管理画面や機能など、使い心地をお試しください。
※登録アドレス数 100 件、配信数 100 通まで

資料請求・お問合せ

機能や料金プラン、運用のご相談まで、あなたの専属担当がサポートします

お問合せはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

ISMS や、プライバシーマークなどの第三者機関の認証をトリプル取得

詳しくはこちら