リッチテキストで魅せるメールを!

2021年06月22日

リッチテキストで魅せるメールを!

メール配信の際、どのような形式で書かれていますか?

一般的なテキスト形式で書いて送っている方も多いかと思いますが、

  • 少し味気ないから何か装飾したい
  • もっとインパクトのあるメールにしたい

とお悩みの方もいると思います。

そこで、今回はリッチテキストを使ったメールについて紹介していきます。

    目次

  1. 1リッチテキストを使うメリットは?
  2. 1.1HTMLメールとは違うのか?
  3. 2HTMLメールよりもリッチテキストメールの方が適している場面
  4. 2.1迷惑メールとして振り分けられやすい
  5. 2.2閲覧する環境によってはレイアウトが崩れたり見切れたりする
  6. 3リッチテキストメールを作るにはどうすればいいの?
  7. 4リッチテキストエディタを使うならメール配信システムがおすすめ
  8. 5まとめ

リッチテキストを使うメリットは?

リッチテキスト

リッチテキストの特徴はテキストと画像を組み合わせるため、より多くの情報を伝えやすいといったことです。テキスト自体も、文字の色や大きさ、背景色などの書式を、HTMLタグを使って変更するため、内容に合わせてカスタマイズすることが容易です。

また、絵文字のようなカラフルでポップな文字を挿入して、彩りと加えるといった使いかたもあります。画像の挿入も可能なため、テキストメールに比べてさまざまな情報を、視覚的に伝えることが可能です。

リッチテキストは

  • 文字主体の装飾が中心

ということになります。

HTMLメールとは違うのか?

見た目がよく似ているため、HTMLメールと混同されがちです。

しかし、HTMLメールは

  • 画像を中心として、テキストを入れ込んだもの

です。

いわゆるホームページやサイトのように、デザインや画像がたくさんあり、そこにテキストで説明が記載されているのが特徴です。そのため、テキストに装飾をする方式のリッチテキストメールとは、少し意味合いが異なります。ECサイトやアパレル関連のように、画像を主体として情報を届けたい場合には、HTMLメールがおすすめです。

HTMLメールエディタのメリットと特徴

HTMLメールよりもリッチテキストメールの方が適している場面

HTMLメールの方がグラフィカルで見やすいメールが作れるため、優れているように感じるかもしれません。実はHTMLメールには2つの落とし穴があります。

迷惑メールとして振り分けられやすい

迷惑メール

HTMLメールは多くの装飾を行うため、ソースコード1行あたりの文字数が多くなりすぎたり、全体のソースコードが長くなりすぎたりすることがあります。

そうなると、メーラーによっては

  • 過度なリンクなどを貼り付けてあるのではないか
  • ウィルスが仕込まれたメールではないか

と怪しまれてしまい、迷惑メールとして扱われてしまうことがあります。これでは苦労して作ったメールも届かず、効果を発揮することができません。

※HTMLすべてが迷惑メールとして扱われるわけではありません。迷惑メールにならないようにするための対策は、こちらの記事をご参照ください。

【迷惑メール対策】SPF・DKIM認証とは

閲覧する環境によってはレイアウトが崩れたり見切れたりする

メールを開く際の環境はパソコンやスマートフォン、タブレットなど多種多様です。そのため、HTMLメールだと画面サイズや解像度によって正しくレイアウトが表示できない場合があります。

せっかく作ったデザインも、レイアウトが崩れてしまうと正しく情報を伝えられません。これらのHTMLメールの持つデメリットを回避しながら、装飾のついたメールを配信したい場合にリッチテキストメールが有用です。

リッチテキストメールを作るにはどうすればいいの?

では、実際にリッチテキストメールを作るにはどうすればよいのでしょうか。前述の通り、テキストにHTMLタグを挿入することで装飾が可能ではあります。

しかし、HTMLタグを使いこなすには多くの知識が必要になり、実際の完成形がどのようなものになるかを視覚的に確認するためには、さまざまなツールを使う必要があります。そこで用いられるのがリッチテキストエディタです。

その名の通り、リッチテキストを作成するためのエディタで、HTMLタグを手入力せずとも思い通りの装飾が簡単な操作で実現します。ビジュアルエディタとしての機能もあり、デザインを見たまま編集できます。

リッチテキストエディタを使うならメール配信システムがおすすめ

外部のリッチテキストエディタを使用して下書きを作ってから、それらをコピー&ペーストして送信することもできますが、手間がかかります。

そこで、メール配信システムを活用してみましょう。メール配信システムでは、大量のメールを一括で安定して配信できる仕組みや開封率の調査分析以外にも、さまざまなエディタが利用可能な場合があります。

例えば当社がサービス提供しているコンビーズメールプラスでは

  • テキストメールエディタ
  • リッチテキストエディタ
  • HTMLエディタ

といったエディタを複数ご用意しており、業種やメールの内容によって使い分けていただくことが可能です。

まとめ

  • テキストメールだけでは思ったような集客ができていない
  • HTMLメールほどの画像は必要なく、気軽に配信したい

といった方には、リッチテキストエディタを利用したメール配信がおすすめです。紹介してきたように、リッチテキストメールを簡単に作ることができるメール配信サービスを選ぶことで、安定した配信環境と効果測定も行えるようになり、メール配信をより効果的に行う施策として効果的です。

当社のコンビーズメールプラスでは、無料でしっかり使うことができるアカウント発行も行っており、初めてメール配信サービスを利用される方にも、乗り換えを検討されている場合にもぜひ利用していただきたいです。

使い方や疑問点に対するサポートもさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせやアカウント作成を行っていただければと思います。

無料トライアル

最長 30 日間たっぷり使える、デモ
アカウントをご用意しております。

管理画面や機能など、使い心地を
お試しください。
※登録アドレス数 100 件、配信数 100 通まで

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

資料請求・お問い合わせ

料金プランや運用のご相談まで、あなたの専属コンサルタントがサポートします

お問い合わせはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

お客様が安心してご利用いただけるようセキュリティ対策もバッチリ。第三者認証であるISMS(ISO27001)を取得済み。

詳しくはこちら