【サンプル付き】開封率を上げるメルマガのタイトル(件名)の書き方

2022年09月27日

【サンプル付き】開封率を上げるメルマガのタイトル(件名)の書き方

メルマガの開封率を高めるために必要な仕掛けとして、インパクトのあるタイトル(件名)を考えるのも、大切な作業のひとつといえます。

受信されたメールは意外と素早くチェックされるため、読者が目を引くタイトルでないと、見逃される恐れがあります。

読まれずに放置され、「開封率が思ったよりも上がらない」ということにならないためにも、読者が開封したくなるタイトルの作り方のコツや効果測定などについて解説していきます。

この記事の後半では、メルマガタイトルのサンプルもいくつか掲載していますので、参考例として使ってみてくださいね。

    目次

  1. 1メルマガのタイトルを作るコツ
  2. 1.1メルマガのタイトルの文字数
  3. 1.2メルマガのタイトルを目立たせる書き方
  4. 1.2.1緊急性(Urgency)
  5. 1.2.2独自性(Uniqueness)
  6. 1.2.3超具体性(Ultra-Specificity)
  7. 1.2.4有益性(Usefulness)
  8. 2メルマガのタイトルの効果測定
  9. 2.1メルマガの開封率について
  10. 2.2効果測定をする方法
  11. 2.2.1Google Analyticsを使用する
  12. 2.2.2メール配信システムにある効果測定を使う
  13. 2.3改善点を見つけて開封率を高める
  14. 2.3.1効果的なタイトルを探るABテスト
  15. 2.3.2メルマガのメール配信日時を見直す
  16. 3メルマガタイトルのサンプルを紹介
  17. 3.1ECサイト
  18. 3.2企業向け
  19. 4コンビーズメールプラスを導入
  20. 5まとめ

メルマガのタイトルを作るコツ

メール配信したメルマガの開封率を上げるための施策のひとつとして、「思わず開いてしまうタイトル」を作るということが挙げられます。

理由としては、受信側は日々、数多くのメールを素早くチェックするため、目にとまるタイトルでないと、読み飛ばされる可能性があるからです。

この段落では、メルマガのタイトルの作り方について解説します。

メルマガのタイトルの文字数

メルマガのタイトルの文字数を、どの程度にすれば良いかで迷うかもしれません。

文字数制限の目安としては長くても30文字前後、冒頭の10文字〜15文字に伝えておきたい内容を記入するとよいです。

理由としては、人間が一瞬で認識できる文字数が13文字~15文字ほどといわれているためです。

冒頭部分に割引情報やサービス内容など、インパクトのあるものを盛り込みましょう。

メルマガのタイトルを目立たせる書き方

メルマガのタイトルを目立たせる書き方として、「4Uの原則」が有効です。

4Uの原則とは、アメリカの起業家であるマイケル・マスターソンが考えたもので、以下のの4つのUから成り立っています。

タイトルを目立たせる4Uの原則

  • 緊急性(Urgency)
  • 独自性(Uniqueness)
  • 超具体性(Ultra-Specificity)
  • 有益性(Usefulness)

緊急性(Urgency)

緊急性とは、タイトルに「時間の要素」を取り入れることを意味します。

例として、

「お急ぎください」「あと〇日でセール終了」

など、後日ではなく今すぐに読んでほしいという思いを表現することができます。

独自性(Uniqueness)

独自性とは、「新しい表現」でタイトルを作るものです。

新商品や新サービスができた際は、「新着情報」などで訴求できます。

既存商品の場合は、これまでと違う表現で目新しい雰囲気を出すことで、改めて読者が興味を示す可能性があります。

超具体性(Ultra-Specificity)

超具体性とは、メルマガのテキスト部分の要約だけでなく、商品やサービスの「具体的な内容」を盛り込むものです。

例として、

「コストを見直してみませんか?」「コストカットに役立つ3つの施策!これをやれば最大月20万円節約できる」

など、細かく具体性を書くことで、読者は魅力を感じてメルマガの本文に目を向けてくれるかもしれません。

有益性(Usefulness)

有益とは、読むことで得られる情報、商品やサービスを購入することで得られるものなど、「読者にとってメリットを感じられること」を書くものです。

超具体性で例にあげたタイトル

「コストカットに役立つ3つの施策!これをやれば最大月20万円節約できる」

でいえば、最大月20万円の節約が、読者にとって有益な情報となります。

メルマガのタイトルの効果測定

この段落では、メルマガのタイトルが実際に開封率アップにつながったかを確かめる効果測定と、つながらなかった場合の改善策について解説します。

メルマガの開封率について

メルマガの開封率とは、メール配信したメルマガの有効配信数(不配分を除く)のうち、何人が開封したのかを数字にしたものです。

開封率の計算方法としては、

「メール開封数÷有効配信数×100=開封率(%)」

です。

開封率でわかることは、メール配信したメルマガに付けたタイトルの効果や、メール配信した曜日や時間帯のマッチング具合を、確かめることができます。

つまりはこの2点を見直すことで、開封率がアップする可能性があるということです。

効果測定をする方法

メルマガの開封率を調べる方法としては、主に2つのやり方があります。

Google Analyticsを使用する

Google社が無償で提供している、アクセス解析ツールの「Google Analytics(アナリティクス)」使うと、開封率を測定することができます。

Google Analyticsを用いたメルマガの分析については、こちらの記事でも紹介しているので、是非参考にしてみてください。

メルマガの効果測定にGoogle Analytics を活用!使い方について解説

メール配信システムにある効果測定を使う

メール配信システムに備わっている、効果測定の機能を使うのもひとつの方法です。

当社が提供するメール配信システム・Combz Mail PLUS(コンビーズメールプラス)を例にあげると、「開封測定」機能があります。

この機能を使うと、メールが読まれた数から開封率、誰がいつ開封したかを解析することができます。

上記2つの測定方法については、以下のリンクで詳しく解説しています。

メルマガ開封率を上げる方法とは?開封率の効果測定も解説!

改善点を見つけて開封率を高める

前述した『メルマガのタイトルを作るコツ』を用いて、メルマガのタイトルを作成してメール配信したにもかかわらず、開封率が思うように上がらない場合、メルマガのタイトルの見直しだけでなく、メール配信日時の改善も必要な可能性があります。

以下の方法で改善策を探ってみましょう。

効果的なタイトルを探るABテスト

ABテストとは、メルマガのタイトルをAパターンとBパターンに分けて比較し、どちらが効果的だったかを検証する方法です。

やり方としてはABともに、同じ配信先、件数、日時にメール配信し比較します。

効果測定の結果、どちらが開封率アップにつながったかを判断することができます。

A/Bテストでメール配信の効果を最大化!

メルマガのメール配信日時を見直す

メルマガはメール配信する日時に左右される場合があります。

理由としては、学生、主婦(主夫)、有職者によって生活サイクルが違うためです。

各属性にマッチするであろう時間帯や曜日にメール配信すると、開封率がアップする可能性があります。

メルマガの《配信時間》の最適解はこれだ!開封されるメルマガ
メルマガの配信する時間や曜日を工夫して、開封率アップを狙おう

メルマガタイトルのサンプルを紹介

この段落では、メルマガのタイトルに使えるサンプルを紹介しています。

サンプルを参考に、オリジナルのタイトルを作ってみてくださいね。

ECサイト

お得感を伝える方法

  • 【送料無料】〇月〇日までのご購入は送料がタダ!!!
  • 【期間限定】決算セール!今なら最大〇%オフで買い物ができる
  • 【48時間耐久】このメルマガを見た人は今すぐサイトへ行こう
  • ★クーポン進呈★今すぐ使える割引券でお得に商品を購入
  • 1000円オフ!決算時にアンケートに答えると割引適応!!

商品の良さを伝える方法

  • 30代男子必読!メンズファッションを買うなら〇〇サイト
  • 40代からのスキンケア♪若見せメイクの方法&商品紹介
  • コストダウン最大30%実現!当社の会計アプリが経費削減に貢献

企業向け

企業向けの良さを伝える方法

  • 24時間以内にメルマガを見ないと後悔する!?経営術のノウハウを伝授
  • 【アマギフ500円進呈】アンケートに答えるとギフトカードがもらえる(先着100名)
  • 【48時間耐久】このメルマガを見た人は今すぐサイトへ行こう
  • 新社長爆誕!!社長挨拶を我慢して読めば、最後にいいことがあるかも!?
  • 【強化中!】新製品導入と同時に旧製品を最大1万円で下取

コンビーズメールプラスを導入

コンビーズメールプラス

メルマガを開封するための工夫のひとつとして、タイトルを決めるのも大切な作業です。

タイトルだけでなく、本文も魅力あふれる内容にしないといけません。

両方の作業が理解できたら、実践したくなりますよね。

「タイトルや本文は作れるようになったけど、メール配信システムはまだ決めていない」

という方には、当社が提供するメール配信システム・Combz Mail PLUS(コンビーズメールプラス)おすすめします。

コンビーズメールプラスは独自に開発した経路探索型アルゴリズムにより、高速かつ安定的に多量メールを配信することができます。

独自開発の経路探索型アルゴリズムの構図

コンビーズ独自の経路探索型アルゴリズム

さらに、さまざまな料金プランを用意していますので、予算にマッチしたプランを選ぶことができます。

また、当社のメール配信システムは「業界最安値帯で配信数無制限」アドレス件数1,000件、月額1,800円(別途初期設定費用)から始められます。

「いきなり有料ではなく無料で使ってみたい」という方には、30日間の無料トライアルを用意しています。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

メール配信したメルマガの開封率を高めるためには、人の目を引くメルマガのタイトルを作るのも、ひとつの方法です。

メルマガのタイトルをうまく作るためには、4Uの原則を用いると良いです。

そして、効果測定などを行い、開封率アップにつながったかや改善点などをあぶりだして、最も効果のあるメルマガのタイトルを見つけ出しましょう。

今回はメルマガのタイトルの書き方や、効果測定、改善策などについて解説しました。

以上、『【サンプル付き】開封率を上げるメルマガのタイトル(件名)の書き方』でした。

無料トライアル(30日間)

  • クレジットカードの情報入力は不要です。
  • 無料トライアル期間後、有料版への自動移行はございません。

STEP
01
無料トライアル申請

メールアドレスだけで無料トライアルを申請できます。

STEP
02
ログイン情報
受取

無料トライアル申請後メールアドレス宛にログイン情報が届きます。
※届かない場合は再申請、もしくはお問い合わせください。

STEP
03
無料トライアル開始

ログイン情報をもとにこちらからログインしてください。

ご入力いただいたアドレスに、サービスのご案内メールをお送りする場合があります。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています 「プライバシーポリシー」と「利用規約」が適用されます。

資料請求・お問い合わせ

料金プランや運用のご相談まで、あなたの専属コンサルタントがサポートします

お問い合わせはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

お客様が安心してご利用いただけるようセキュリティ対策もバッチリ。第三者認証であるISMS(ISO27001)を取得済み。

詳しくはこちら

コンビーズメールプラスとは