効果的なメルマガの添削ポイントを解説

2021年10月15日

効果的なメルマガの添削ポイントを解説

マーケティング手法として人気の高いメルマガですが、すぐに効果が出るとは限りません。ターゲットのアクションにつながるようなメールの作成は難しく、メルマガ運用を始めたばかりのときは苦戦する可能性があります。

それでは、実際にマーケティング効果が出ているメルマガとは、どのような内容に仕上げられているのでしょうか。本記事では、効果が出やすいメルマガの特徴や、自社でメルマガを添削する際に注意しておきたいポイントを解説します。外部の添削サービスを活用した方法も紹介しているので、メルマガ運用に課題を抱えている方は参考にしてみてください。

    目次

  1. 1効果が出やすいメルマガの特徴
  2. 1.1開封したくなるような件名
  3. 1.2的確な訴求ポイント
  4. 1.3スムーズな動線
  5. 2メルマガを添削する際の注意点
  6. 2.1読者視点で文章を作成する
  7. 2.2詰め込みすぎないようにする
  8. 2.3テキスト量に気を付ける
  9. 3外部の添削サービスも活用しよう
  10. 4コンビーズメールプラスの添削サービスとは
  11. 5まとめ

効果が出やすいメルマガの特徴

効果が出やすいメルマガの特徴

マーケティングとしての効果が出ているメルマガには、明確な特徴があります。具体的にどのような特徴があるのか、ターゲットの行動につながりやすいメルマガの特徴を紹介します。

  1. 開封したくなるような件名
  2. 的確な訴求ポイント
  3. スムーズな導線

開封したくなるような件名

効果が出やすいメルマガでは、タイトルである件名が端的にまとめられているのが特徴です。そもそも、メールマガジンによるマーケティング効果を高めるためには、ターゲットによってメールを開封してもらう必要があります。

ターゲットが気付きにくい件名だと、ターゲットがメールを開封するアクションを行わず、そのまま受信ボックスのなかに埋もれてしまいます。ほかのメールよりも目立つような件名にすることや、ターゲットが思わず開きたくなるような件名をつけることが、開封率の向上につながります。

的確な訴求ポイント

メール文章のなかに、訴求ポイントが的確に表現されていると、メルマガとしての効果が高まります。なかなかマーケティングの効果が出ないという場合、訴求の仕方に課題が発生している可能性があります。

メルマガを通して訴求する際には、メールを開いた直後に目に留まるファーストビューが重要です。ターゲットに対して、この先メールを読み続けたいと感じさせられるような訴求文章を考えます。

スムーズな動線

メルマガでは、自社商品やサービスに関する情報をテキスト化するだけでは、十分な効果を得られない場合があります。最終的に、ターゲットがアクションを取るためには、コンバージョンにつながる動線を作れなければなりません。

効果が出やすいメルマガは、ホームページや購入ページなどにアクセスをしてもらえるように、リンクを工夫して配置しています。「セール会場はこちら」、「クーポン取得ページに移動」といったバナーを設けるなどし、ターゲットが無意識にアクセスできるような構造が必要です。

メルマガを添削する際の注意点

メルマガを添削する際の注意点

自社で作成したメルマガを添削する場合、いくつか注意しておきたいポイントがあります。メルマガの効果を高めるために、意識するべき点を3つ解説します。

  1. 読者視点
  2. 情報量
  3. 文章量

読者視点で文章を作成する

メルマガを添削する際には、読者視点を意識しながらメール文章を作成することが大切です。読者視点を持たないままメルマガを作成すると、営業色が強くなりすぎてしまったり、全体的に読みにくくなったりする恐れがあります。

また、スマートフォンやタブレットを利用するユーザー向けに、レイアウトについても配慮しなければなりません。メルマガの件名から、ヘッダー部分、リード文、リンクへの遷移までをスムーズに動けるような工夫をしましょう。

詰め込みすぎないようにする

メルマガでは、ターゲットに伝えたい情報を厳選して、端的にまとめるようにします。一度に、必要以上の情報を提供すると、読者側ですべての情報を吸収できずに、逆効果を生み出してしまいます。

「セール情報」、「おすすめ商品」、「クーポン配布のお知らせ」などのように、ターゲットに伝えたいことを狭い範囲に絞ることがポイントです。さらに、メルマガを配信する頻度も考慮し、読者が1つ1つ丁寧に読める環境を整えるようにしましょう。

テキスト量に気を付ける

メルマガに情報を詰め込みすぎないようにすることはもちろんのこと、テキスト量についても注意が必要です。文章を読むのが煩(わずら)わしくなることから、ターゲットが途中で離脱してしまったり、最終的なアクションにつながらなかったりする可能性が高まります。

具体的な文字数は決まっていませんが、自社従業員でもチェック・校正し、文章量を調節してみてください。さらに、HTML形式を活用し、文章ではなく、画像やイラストなど視覚的な要素をメルマガに掲載するのもおすすめです。

外部の添削サービスも活用しよう

メルマガを活用したマーケティング効果を高めるためには、PDCAサイクルを回し、メールを全体的に添削することが大切です。しかし、メルマガ運用を始めたばかりの企業では、ノウハウを持っていないため、添削しても効果がなかなか出ないことが考えられます。

自社での添削が難しい場合には、外部のメルマガ添削サービスの利用も検討してみてください。専門のコンサルタントによるアドバイスのもと、ターゲットの購買行動に響くメルマガを作成できるようになります。

コンビーズメールプラスの添削サービスとは

料金プランをカスタマイズ

コンビーズメールプラスのメルマガ添削サービスとは、自社で作成したメルマガを添削してもらえるサービスです。月10,000(税込)で何度でも利用でき、マーケティング効果を高めるのに役立ちます。(※1通の添削につき4〜5営業日)

  • 専門のコンサルタントによる添削
  • 5つの項目を3段階で評価
  • 納得いくまで何回でも添削可能

コンビーズメールプラスの添削サービスの特徴は、専門のコンサルタントが添削を実施する点です。これから本格的にメルマガを運用を予定している場合にも、プロによる添削を受けられることから、早い段階で基本を固められます。

なお、メルマガ本体の添削だけでなく、「ストーリー性」、「レイアウト」、「情報量」、「文章の的確さ」、「文章の温かみ」の5つの項目について、3段階で評価を行います。自社で作成したメルマガのどこが問題であるのか、どの部分を伸ばす必要があるのかが可視化されるため、今後のメルマガ運用に役立てることができます。

また、添削したメルマガについては、納得がいくまで何回でも添削が可能です。1通の添削につき、4〜5営業日ほどかかりますが、プロによる丁寧な添削を受けられるため、高いマーケティング効果を狙えます。

オプションサービス・代行サービスの紹介

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

メルマガを活用したマーケティング効果を得るためには、作成・配信して終わりではなく、PDCAサイクルを回しながら、添削を行う必要があります。添削を実施する際には、読者の視点を意識することや、メール本文に工夫を加えるようにしましょう。

また、自社での運用歴が浅く、ノウハウが蓄積されていない場合には、外部の添削サービスを活用するのもおすすめです。コンビーズメールプラスのメルマガ添削サービスは、専門のコンサルタントによる添削を受けられるため、初めてメルマガを運用する方も安心してご利用いただけます。 以上、「効果的なメルマガの添削ポイントを解説」についてご紹介いたしました。

無料トライアル

最長 30 日間たっぷり使える、デモ
アカウントをご用意しております。

管理画面や機能など、使い心地を
お試しください。
※登録アドレス数 100 件、配信数 100 通まで

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

資料請求・お問い合わせ

料金プランや運用のご相談まで、あなたの専属コンサルタントがサポートします

お問い合わせはこちら

パートナー制度

コンビーズのサービスをご紹介していただくと、あなたも紹介者さんもおトク

詳しくはこちら

セキュリティ

お客様が安心してご利用いただけるようセキュリティ対策もバッチリ。第三者認証であるISMS(ISO27001)を取得済み。

詳しくはこちら